人生の最期を思い描く

f:id:zerotanishohei:20170509144013j:plain

「人生の最期を思い描く」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「人生の最期を思い描く」

です。


人生において、中々自分の夢に向かって進むという

決断を下すことができません。

「そんなことしたら、周りからどう思われるだろうか」

「敢えて今しなくてもいいだろう」

「やはり現状維持でいいのでは」

という心が起きてきます。

誰でもそうだと思います。

しかし、日常においては、現状維持でも大丈夫な場合も

あります。その方が楽です。

しかし、今日が人生最期の日であればどうでしょうか。

そんな現状維持をしようという心は吹き飛んでしまいます。

もはや維持できる現状が無くなる日だからです。


できる限り、必死に自分の人生に向き合い、

どうすれば悔いなく1日を過ごせるか、真剣に考え、

間違いなく行動するでしょうか。


非常に有名なスティーブ・ジョブズスタンフォード大学

での演説を引用します。

------------------------
私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと

思って生きれば、その通りになる」という言葉に

どこかで出合ったのです。

それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、

私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていた

ことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も

続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。


 自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下す

ときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、

失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には

何の意味もなさなくなるからです。

本当に大切なことしか残らない。

自分は死ぬのだと思い出すことが、

敗北する不安にとらわれない最良の方法です。

我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由は

ないのです。
------------------------

必ずやってくる人生の最期を考えると、

何を決断できない理由があるでしょうか。


もちろん、何を決断するのかは熟慮を要しますが、

現状維持の精神などは吹き飛んでしまいます。


実際、今日が人生最期の日かもしれません。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】51

負の感情を処理する方法を身につける

f:id:zerotanishohei:20170413161219j:plain

「負の感情を処理する方法を身につける」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「辛いことがあれば全て書き出して、負の感情を処理する」

です。

人生どうにもならない辛いことが沢山やってきます。

それは、成功者も才能を眠らせている人間も変わりません。

しかし、その辛いことがやってきた場合、

どう対応するかで、人生が大きく左右されます。


成功者→トラブルも失敗も前向きに受け止められる
    より頑張れる

一般人→とりあえず落ち込む、消極的になる

ということは、多くあると思います。


「なんであの人はあんなに元気なの?」

という人あると思いますが、大体そういう人は

「負の感情のコントロールが非常に上手」

という共通点があります。

怒り、憎しみ、愚痴、不安、不満

という負の感情は、人間ですから必ず起きます。

しかし、

コントロールが上手な人は、

落ち込みません。

すぐに前向きになります。

時には一瞬元気がなくなりますが、すぐに戻ります。


★負の感情は、身体から出してしまうに限ります★


身体から出すとは、何かしら表現する、他人に言う、どこかに書く

ということです。

※誰にでも言うことはオススメできませんので要注意ですm(_ _;)m


上級者になると、

脳内処理をして、顔にも口にも出さず、消化してしまう人もあります。

さらに上級者になると、

頑張るバネにする人もあります。

これは「昇華(しょうか)」とも言われます。


少々の辛いことであれば、知り合いに愚痴を言うだけで終わると思います。

しかし、かなり辛いことがやってきたらどうでしょう?

長期間努力してきたことが水の泡になったらどうでしょうか?

それは、少々他人に言ったくらいでは収まりません。

これからの人生が悲観的になるかもしれません。

やる気がなくなってしまいます。

f:id:zerotanishohei:20170413161219j:plain


そういう場合、とりあえず書くことをオススメします。

10でも20でもとりあえず、つらい状況を書きましょう。

そうすると、かなり酷い状況が明らかになります。

書けるだけ書きましょう。


しかし、それは無限に続くでしょうか?

必ず終わります。

そうすると、

「私が苦しんでいることはこれだけ」

と初めて自分の苦しんでいる状況を客観的に見ることができます。

私たちは、苦しいことが、これから永遠にずっと続くのではと

思った時に絶望してしまいます。

しかし、そんなことは現実的にはありえません。

99%ありません。

どこからどこまで苦しんでいるのか、

何に苦しんでいるのか、

何に困っているのか、

分かった時点で実は、少し楽になります。

気持ちを整理し、辛い現実を受け入れることができるようになります。

それが前向きな人生を踏み出す、第一歩となるのです。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】49

今日からでも縁を変えてしまう

f:id:zerotanishohei:20170405121052j:plain

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「今日からでも縁を変えてしまう」

です。

最近つくづく感じることですが、

悩んでいることを解決するには、

★まず縁(えん)を変えること★

から全てが始まると思います☆

縁とは、東洋哲学の言葉でありますが、

・環境
・今の仕事
・今日会う人
・住んでいる場所
・普段一緒にいる人
・仕事の後にいく場所や会う人

などなど、自分の人生に影響を与える周囲の環境です。

何か行動を変えるにしても、

どういう行動をするのか、自分一人で分かってる方はもうそれを実行されればいいと思います。

しかし、才能を眠らせている人については、

「具体的に何をしたらいいか分からない」

という永遠の悩みを抱えておられませんでしょうか。

成功の法則は色々本で読んだ、
セミナーに行って感動した、
成功者の話も聞いた、
…………………
……………
…………
………
……
で、

「具体的に何をしたらいいか分からない」

という人多くありませんでしょうか。

そういう個別の案件になると、

有名セミナー講師もお手上げです。

当たり前ですが、その人は私の事情を知らないからです。

成功の法則を聞いて、自分で考えるしかないのですが、

それは簡単ではありません。

だから、やはり

「具体的に何をしたらいいか分からない」

で、止まってしまいます。

・環境
・今の仕事
・今日会う人
・住んでいる場所
・普段一緒にいる人
・仕事の後にいく場所や会う人

を変えるという話をしましたが、

仕事や普段一緒にいる人はすぐに変えることはできません。

今日からでも変えられるものは、仕事の後に行く場所や会う人です。
そこで個別で悩みを解決してくれる人に会えば、少なくとも

「具体的に何をしたらいいか分からない」

という状態を脱することができます。

間違いなく人生は変わりますし、また本当に人生を幸せにする

東洋哲学を学んで頂ければとも思います。

【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】48

自分には特殊な事情など無いと知る

「自分には特殊な事情など無いと知る」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「自分には特殊な事情など無いと知る」

です。

日々悩まないことはありません。

才能を眠らせている人は尚更でしょう。

・人間関係がこじれて……
・業績が上がらない……
・元気が出ない……

しかし、今日はその悩みを解決する手段をお知らせします。

恐らく、悩んでいる人の大半はしていないと思われることです。

まず、

「自分の悩みは人類史上初の悩みだろうか?」

と自問自答して下さい。

大抵は、NOですよね?

そうすると、

「じゃあ、他の人はどうやってこの悩みを解決しているんだろうか?」

と想像しましょう。

あなたの悩みが、人類史上、空前の悩みでない限り、誰か同じ悩みを抱えている人がいて、それらの人で悩みを解消できた人は沢山あるはずです。

一番オススメなのは、それを解決している人、その手の専門家から話を聞くことです。

専門家、プロは、やはり専門家であり、プロです。

いい人に出会うと、さらりと解決手段を教えてくれます。

筆者は、その道のプロに悩みを解決してもらい、さすがだなと思ったことが何度もあります。

悩んだ人生をズルズル引きずるよりは、さっと解決してもらえます。
間違いなく専門家という人は尊重すべきです。


しかし、才能を眠らせている人間は、

恐らくそれができないからこそ、ずっと悩んでいるのだと思います。
なぜ、できないのか?

やはり、

「専門家と言っても、自分の悩みを解決してくれるはずがない、だって私には特殊な事情があるから」

と思っていませんでしょうか。

実は、

その特殊な事情というのも、専門家にとっては想定内、よくある事例の一つだったりします。

----------------------
自分と同じ悩みを抱えている人が、世の中には沢山いて、

しかも、解決している人もいて、

その方法を教えてくれる人もいる。

解決したら、必ず前向きな人生になる。
----------------------

この事実を知るだけでも、悩みの解決には大きく前進できると思います。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】47

f:id:zerotanishohei:20170323091522j:plain

自分の貯金を増やしていく

f:id:zerotanishohei:20170318085554j:plain

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「自分の貯金を増やしていく」

です。

今日はお金の話ではありません(笑)

毎日、忙しく過ごし、今年も、80日近くが過ぎようとしています。

慌ただしく過ぎていく毎日で、何か増えているものありますでしょうか。

もちろん、いい意味のものです。

高尚なもので言えば、人徳ともいい、信用とも信頼、実績というものがあります。

自分も含めて、才能を眠らせている人間は、そんな高いレベルにまで達しませんが、知識とか経験とかは増えているでしょうか。

知識→忘れて、元に戻っている

経験→反省が無いから、経験はするけど、未来の問題に活かせない

ということもあります。

日々悪戦苦闘しながら生きているのに、未来に活かされないのではとても残念な結果になってしまいます。

ある意味、「全然貯金がたまっていない自分に驚く」のも大事な経験であります。

日々自分に何が残っているだろうか、と自問自答することは、将来を決する大きな考え方の一つかもしれません。

少しずつ何かをためていくと、5年10年で大きな結果になると沢山の人生の先輩が教えて下さっている通りです。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】46

やるべきことがたまり過ぎたら、やりたいことからやってしまい、とりあえずやるべきことを減らしていく

f:id:zerotanishohei:20170315105147j:plain

「やるべきことがたまり過ぎたら、やりたいことからやってしまい、とりあえずやるべきことを減らしていく」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「やるべきことがたまり過ぎたら、やりたいことからやってしまい、とりあえずやるべきことを減らしていく」

です。

世の中、腰が重たい人、中々動けない人があります。

身体が疲れているのではなく、何となく気乗りがしないためにやるべきことができない時があると思います。

その場合、やるべきことが沢山あって、何から手をつけていいか分からないということはありませんでしょうか。

----------------------
やるべきことが沢山ありすぎる
 ↓
やる気を無くして、現実逃避
----------------------

というのは、自分も含めて、才能を眠らせている人間が、よくやる行動パターンです。

やるべきことが沢山ある場合、とりあえず、その絶対量を減らさないと、残りのものをやろうという気持ちになりません。

すぐ行動できる人というのは、間違いなく身軽な人です。

できる人は、
膨大なやるべきことを抱えていても、優先順位を立てて、今できないことは後に時間を確保して、スムーズに終わらせます。

私の経験上、これは才能を眠らせている人にはできません(涙)

だから、才能を眠らせている人は、

とりあえず、やりたいことからどんどん終わらせてしまえばいいのです。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】45

心が絶対に楽になる方法、まず、全部書き出す

f:id:zerotanishohei:20170309114919j:plain

「心が絶対に楽になる方法、まず、全部書き出す」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「心が絶対に楽になる方法、まず、全部書き出す」

です。

世の中、腰が重たい人、中々動けない人があります。

疲れていなくても、何となくやらないといけないことに手をつけられないということがあると思います。

そんな時、

心が絶対に楽になる方法があります。

それは「今自分がやらないといけない、重く私に乗っかっていることを全て書き出す」ことです。

心が何となく不安で、

何となく身体が動かない

という人は、多くは

「何が不安なのかよく分からないのが不安」

「とりあえず、何をどうしたらいいか分からないからできない」

「不安なことはあるけど、何をどうしていいか分からない、誰に相談したらいいかも分からない」

という心を抱えておられませんでしょうか。

まずは、そんな場合

やるべきことを書き出しましょう。

困っていることも書き出しましょう。

困っていることがどうしたらいいか分からない場合は、「相談」と書きましょう。

誰に相談したらいいか分からない場合は、「友人に電話して相談できる人を探す」と書きましょう。

自分がやるべきことを書き出すだけで、

間違いなく、

やや心が軽くなるはずです。

では、書き出した膨大な量のやるべきことをどうやって終わらせるか。

また次回書いていきます。

【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】44