読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の最期を思い描く

f:id:zerotanishohei:20170509144013j:plain

「人生の最期を思い描く」

才能を眠らせているあなたが、

何かを成し遂げるために大事な心がけについてです。

今日は

「人生の最期を思い描く」

です。


人生において、中々自分の夢に向かって進むという

決断を下すことができません。

「そんなことしたら、周りからどう思われるだろうか」

「敢えて今しなくてもいいだろう」

「やはり現状維持でいいのでは」

という心が起きてきます。

誰でもそうだと思います。

しかし、日常においては、現状維持でも大丈夫な場合も

あります。その方が楽です。

しかし、今日が人生最期の日であればどうでしょうか。

そんな現状維持をしようという心は吹き飛んでしまいます。

もはや維持できる現状が無くなる日だからです。


できる限り、必死に自分の人生に向き合い、

どうすれば悔いなく1日を過ごせるか、真剣に考え、

間違いなく行動するでしょうか。


非常に有名なスティーブ・ジョブズスタンフォード大学

での演説を引用します。

------------------------
私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと

思って生きれば、その通りになる」という言葉に

どこかで出合ったのです。

それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、

私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていた

ことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も

続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。


 自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下す

ときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、

失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には

何の意味もなさなくなるからです。

本当に大切なことしか残らない。

自分は死ぬのだと思い出すことが、

敗北する不安にとらわれない最良の方法です。

我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由は

ないのです。
------------------------

必ずやってくる人生の最期を考えると、

何を決断できない理由があるでしょうか。


もちろん、何を決断するのかは熟慮を要しますが、

現状維持の精神などは吹き飛んでしまいます。


実際、今日が人生最期の日かもしれません。


【才能を眠らせている人間が何かを成し遂げるための心理学】51